サステナビリティ

ENVIRONMENT 環境

環境方針

コンドーテックは、1953年の設立以来、半世紀以上にわたり様々な業界に向けて製商品を提供することにより、社会インフラの充実を通じて豊かな社会づくりに貢献するとともに、持続可能な社会の実現のために、未来の環境価値を創造、共生し、環境との調和に配慮した事業活動に取り組んでいます。

  • 1. 事業活動、製品およびサービスにかかわる環境関連の法規制および当社が同意した事項を順守します。
  • 2. 省エネルギー・省資源、リサイクル推進、廃棄物削減、化学物質使用量削減およびグリーン調達に取組み、環境負荷の低減、環境汚染リスクの低減、生物多様性及び生態系の保護に努めます。
  • 3. 環境マネジメントシステムを活用し、環境方針を達成するための環境目標設定、環境パフォーマンス評価の実施、定期的な見直しを行い、活動の継続的改善を図ります。
  • 4. 環境方針を全従業員に周知し、環境保全活動に取り組むために必要な教育および啓発活動に努めます。

環境対策に最適な製商品の提供

環境関連資材の取扱拡充(製商品のご紹介)
エコモールド N-10

植物油由来の原料を仕様している水溶性コンクリートはく離剤です。油性と比較しても型にコンクリートの付着が少なく、安心して使用できます。

ハンドソープエコ・プロ

欧米中心にマイクロビーズ(洗顔料などに入っているプラスチック粒子)排除の動きが高まっており、生分解性が高く、環境に優しい木材由来の天然スクラブを配合しています。

オイルハンター

エコマーク認証を取得したリサイクル材使用の油吸着材です。油流出による海洋汚染や、油を使用する工場での油処理の際に使用されています。

オイルゲーター

天然セルロースを100%使用した粉状の油吸着材です。鉱物油を分解する能力を持った微生物と栄養剤が添加されており、土壌の改良材としても威力を発揮します。

環境に配慮した企業活動

環境保護・省エネルギーへの目標・取り組み

当社グループの環境保全に根ざした活動として、消費電力の削減や森林保全、清掃活動を継続的に次の通り実施します。

省エネ対策(LED照明への切り替え、消費電力10%削減)

2015年に工場における照明設備のLED化を完了させ、現在、営業店における照明設備のLED化を進めております。2020年までに、自社物件のすべての拠点のLED化を計画しております。
また、LED化については、電設資材卸の当社子会社の三和電材株式会社とも協力して進めております。
また、当社では電力の見える化を利用し、営業店の1ヶ月ごとの使用電力を全営業店に可視化、比較・分析をしております。営業店での使用電力を昨年度比10%削減することを目標とし、クールビズ、ウォームビズをはじめ、日々省エネの見直しを実施しております。 

COOLBIZ WARMBIZ
太陽光発電設備の設置

当社2工場および子会社の三和電材株式会社において、太陽光発電システムを、設置モデルとして稼働させ、売電事業を行っております。
太陽光発電システム及び架台については、当社子会社の三和電材株式会社、当社鉄構営業部で、それぞれ資材を取り扱っており、グループ内のシナジー効果を活かした販売に取り組んでおります。

森林保全活動・清掃活動

新入社員教育の一環で、森林保全ボランティアに参加しております。大阪みどりのトラスト協会様ご協力のもと、間伐作業と遊歩道づくりを行っております。
また、CSR活動の一環として、社員の有志による本社近辺の清掃活動を毎年行い、地域の環境美化に貢献するべく務めております。

ペットボトルキャップ回収活動

ゴミとして燃焼破棄されるペットボトルキャップを分別回収し、リサイクル業者に引き取られた売却益を寄付する、キャップ回収活動を行っております。

Fun to Shareへの参加

「Fun to Share」とは、環境省が行っている豊かな低炭素社会を目指した気候変動キャンペーンです。未来につながる環境を守るため、当社でも、「もったいない精神で低酸素社会へ」を合言葉に、当活動に参加しております。

排出物の管理(マテリアルバランス)

使用エネルギーの管理

毎年、近畿経済産業局に報告しておりますエネルギー使用に係る原単位の過年度比較です。※コンドーテック単体

  2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
5年度間平均原単位変化
対前年度比(%) 98.5 103.6 98.2 105.6 98.2 101.3
マテリアルバランス

当社における事業活動のうち、研究開発から製造までの過程でのインプットとアウトプットの全体像と支出・収入を示しております。集計は当社4工場を対象として算出しております。

INPUT

原料

鉄鋼 33,077t
塗料 79.2m3

エネルギー

電力量 5,826千kWh
天然ガス 0m3・NもしくはPJ
LPG 62t
軽油 7㎘
灯油 21㎘
重油 2㎘
用水 5,504m3

事業活動

OUTPUT
生産 鉄鋼製品
32.458t
大気排出 CO2
2,625t
産廃物
副産物
再資源化量
2,128t
処分委託料
129t
排水 5,504m3

※2018年3月期

<環境保全に対する支出>

九州工場:水質汚濁防止のためのコスト⇒油水分離層清掃、改善投資および油分漏えい調査(8,530千円)
関東工場:大気汚染防止(酸性雨防止を含む)のためのコスト⇒オイルミストコレクターの設置(239.5千円)

<環境保全に対する収入>

主たる事業活動で生じた廃棄物(鉄スクラップ等)のリサイクルまたは使用済み製品等のリサイクルによる事業収入(59,247千円)